毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





意味のある偶然の一致

意味のある偶然の一致は、人類のスピリチュアルな進化の徴である。

聖なる予言の要約   「世界のスピリチュアル50の名著」より。

『聖なる予言』はノンフィクションにし、9つの知恵それぞれに1章をあてても簡単にかけたはずだ。しかし、主人公が危機一髪のスリルとロマンスが連続するハリウッド映画の手法を組み合わせたもになっている。その物語は、読者をペルーのアンデス山脈にいざなう冒険物語の形となった。発端はアンデスの密林に眠る遺跡で発見された古文書である。。。と紹介されています。

この本は15年程前に偶然人から進められて読んだ事があるのですが、結構面白くて一気に読んでしまったような記憶があります。まあ、宇宙は純粋なエネルギーでできているので、そのエネルギーをどうやて自分に取り入れるか、と言うような知恵が書いてありました。人は知らず知らずに自分が元気になる為、他人のエネルギーを奪い取ってしまうとか、人にエネルギーをぶつけるとかも書いてあったような気がしますが。。。もう忘れたところも結構あるなあ。。。

前に気功を習っていた時に、先生が、アパートの部屋とか家の二階で気功を練習する時は、下の階にいる人はエネルギーを吸い取られるので気をつけて下さい。と言うような事を言っていたけど、これとも関係があるよな気がしてきた。。。

この本の作者は2冊目もだしていて、それも読んだ事がありますが、同じような事をノンフィクションで伝えていて、ただの宗教系の本を読んでいるようで、個人的には面白くなかった事を覚えています。でも、この「聖なる予言」は面白かったのでまた読んでみようかな。たしか、本棚にまだあったような。。。

スポンサーサイト

世界のスピリチュアル50の名著

人生の目的は単に生きながらえることではなく、自己の完成を追い求めることである。

「かもめのジョナサン」の要約 「世界のスピリチュアル50の名著」より。

70年代にスタスキー&ハッチやジョーズをやっていたころに流行った本だそうですが、そういえば懐かしいですねぇ。 あの頃は「かもめのジョナサン」という言葉しかしらなかったけど、今、初めて読んでみました。 なんか、最後にはテレポテーションもできるすごいかもめになる話ですが、気功を習っていたときに、カメハメ波が出ないかなぁ、と考えていた僕には面白い本でした。

 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード