毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原因と結果の法則

真に豊かになれるのは、心の律したとき。
富(と幸せ)は皮肉にも、己を忘れ、他人に尽くした者のもとに訪れる。


「原因」と「結果」の法則2の要約   「お金と富の哲学 世界の名著50」より

心をきれいにすること。そうすれば自分の人生を最もあるべき状態に整える事ができる。強欲、嫌悪、怒り、虚栄心、慢心、自堕落、利己心、強情と言ったものは弱さで、愛、清らかさ、優しさ、忍耐、同情、寛大さ、思いやりなどは、どれも豊かさでありパワーである。

親切を求める君よ、自ら親切であれ。 真実を求める君よ、自ら真実であれ。
目の前に見えるものは、君が自らに与えたもの。 君の世界は、映し出された自らの姿。
いかなる困難や苦痛であろうとも、それはすべて、自分がそれまで行ってきた考えや行動の結果にほかならない。

環境に恵みや害を与える力があるのなら、どの人間に対しても分け隔てなく恵みや害を与えるでしょう。けれど、同じ環境にありながら、人が違えばよくも悪くもなるという事は、「良い・悪い」の原因は環境にあるのではなく、その環境に直面した人の心のあり方にあるのだと分ります。

というような事が書いてあります。 これはなんか、仏教の教えみたいですね。 この本も一冊目の「原因」と「結果」の法則も、二冊とも読んでいませんが、ジェームス・アレンはお釈迦さんの教えにも触れているようです。

僕は悪い状況の時でも、かなりの楽天主義な考え方をするので、すぐ良い方向に行くかも。。。

スポンサーサイト

 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。