毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏への扉

久しぶりにSF小説を読んでみました。 「夏への扉 」と言う本です。

物語は冬から始まるのですが、主人公が飼っているネコは、家じゅうのドアというドアを全部開けて欲しがり、ドアの向こうには夏があるんじゃないかと思っているようです。 こんなところは、うちで飼っているネコそっくりで、うちのネコも、ちょっとでも部屋のドアやクローゼットのドアに隙間を見つけると、開けて入っていってしまいます。 なぜネコは好奇心が多くて、どこでも入りたがるのでしょうかねぇ。 そのくせ、結構臆病なんですが。

ストーリーはネコが中心ではなくて、冷凍睡眠で30年後に行ってしまう主人公なのですが、数百年先ではなくて、30年先と言うところがちょっと現実味があって面白かったです。 でも、作者が想像した30年後の2000年は実際の2000年とは違っていました。 もちろん、そんな事はどうでもいい事ですが。 その他ビジネス関係や恋愛なんかも入っていて、後半は次へ進むのが楽しみだったなぁ。 ちょっとファンタジーもあるかな。

最後に主人公は、
「この世界の真理がどうであろうと、僕は現在をこよなく愛しているし、僕の夏への扉はもう見つかった。 もし僕の息子の時代になってタイムマシンが完成したら、あるいは息子が行きたがるかもしれない。その場合には、いけないとはいわないが、けっして過去へは行くなと言おう。 過去は非常の場合だけだ。 そして未来は、いずれにしろ過去にまさる。 だれがなんと言おうと、世界は日に日によくなりまさりつつあるのだ。」 と言っています。

僕もそう信じて、生きていこう!



スポンサーサイト

勇者は怒らない

世間のものごとに触れても、心が動揺しないこと、
憂いがなく、汚れがなく、安らかであること、これが最上の吉祥です。

                  ブッダの教え 一日一話 より

生きている環境は、親切にされることよりも不親切にされることの方が多い。 
うまくいくより、いかないほうは多い。
弱きものが、それに対して怒る。
勇者は、「うまくいかないのは当たり前」と思って、落ち着いている。
勇者は怒らない。

と言う事だそうです。 
やはり張り合いがなさそうだけど、最初から期待しないでいれば、外れた時はショックが少ないかもしれないと言う事かなぁ?

幸福になる道も幸福

あせって悩む世の中で、落ち着きを保って楽しく生きよう。
あせって悩む世の中で、落ち着いた人間として生きよう。

                  ブッダの教え 一日一話 より

今まであった苦しみが消えると、「気分がいい」と感じます。 立っていて疲れたら、座った時に楽になる。 お腹がすいた人は、一口食べると楽になる。 だけど、一口目も幸福、二口目も幸福、十口目も幸福になると、お腹が破裂するまで食べ続ける事になります。 そして、満腹の苦しみが生まれるそうです。 普通の人はそこで食べるのをやめるそうです。

もし、生きることに楽しか感じなかったら、人生はすぐにゲームオーバーだそうです。

しかし、、、

幸せになる道があるとしたら、その道を歩むこと自体幸せでないといけないそうです。 もし苦しい道なら、「はたして幸せになれるのだろうか」と心配になってくるからだそうです。 (まぁ、あたりまえですが) 歩んでいるうちに、少しずつ幸せになったり、お金もちになったりすると、「ああこの道でいいんだ」とはっきりするそうです。

でもそれだと、苦しい道はダメなのかなぁとも思ってきますね。 苦しくても頑張れば、苦労や努力が実るともいうけど、違うのかな?

平均寿命100歳以上

ロンドン・ビジネススクール教授のリンダ・グラットン氏によると、今、先進国で生まれている子供たちは、100歳以上生きるそうです。 今40歳の人たちは、平均寿命が95歳になるそうです。

まぁ、医学がこれだけ発展してくれば、長生きするでしょうね。 

それと、彼女の考えではありませんが、もともと人間は長生きしていた、と言う説もあります。 どの国でも、戦があったりして長生きする人が多くなかったので、人間は頭のなかに早死にする、と言う考えがついてしまったそうです。 「人間は長生きするんだ」とみんなが考えていると、人間は長生きするように変化していくそうです。

僕も現在50代ですが、100歳以上は生きると思っているます。 娘に言うと、「そうななぁ?」と疑っていますが、まぁ、そのうちわかるでしょう。 笑

グラットン氏が言うには、一つのキーワードは「人生のマルチステージ化」と言うのがあるそうで、現在のような 「学ぶ時期/会社勤めの時期/引退後」という3ステージでの人生が減り、多くのステージからなる人生を選ぶ人が増えるということだそうです。
旅をしたり、経験を積む、「エクスプローラー」ステージとか、同時にいくつもの活動をする、「ポートフォーリオ・ワーカー」ステージなどもできてくるそうです。

もう一つのキーワードは、「無形資産」。 家や貯蓄などの有形資産ではなく、スキルや知識、健康、友人、愛などの、自分を前向きな気持ちにさせてくれる、「変身資産」なども必要になってくるそうです。

今度甥っ子が遊びにくるから、読ませてみようかな。


ウォーターシップダウンのウサギたち

娘にすすめられて、「ウォーターシップ・ダウンのウサギたち」と言う
ファンタジーを読んでみました。 英語では時間がかかるので、日本語ですが。
結構大人が読んでも面白かったです。

主人公は、平凡なウサギですが、新しい土地を求めて、みんなで旅に出ている間に、仲間に助けられながら立派なウサギに成長していきます。 他のウサギも旅が終える頃には、いっぱしのウサギになっていました。 人間的な、仲間を信じる事、リーダーに従う事、自分たちを守る為に戦う事、子孫を増やす事、などが出てきます。 

著者は、自分の子供たちの為に、車での旅行中に考えたストーリーだそうです。 本人は、何かを伝えるために書いたわけでないと言っていますが、ウサギの事は詳しく書かれていたし、人間界でもよくある、ごたごたが入っていたり、大人が読んでも勉強になった本でした。



 | ホーム |  »

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。