FC2ブログ

毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千差万別の人間

10月3日のお話 「千差万別の人間」

人間は千差万別の姿と心に生まれついています。従ってそれぞれの持つ使命も天分も、全部異なっているのではないかと考えられます。

しかし現実の社会では、すべてを一つの型にはめよう、規制しよう、同じ道を歩ませようとするきらいが多分にあるように思われます。もちろんこうした考え方は、一面においては必要なのですが、世の中を全部そういう考え方、ものの見方で通そうとすることは、決して社会の進歩にはつながらないでしょう。

ですから、人間がそれぞれに持っている特性というものをよく認識し、その特性を生かしていける共同生活を考え出さなければならないと思うのです。

        ========================

また、オーストラリアの公務員の事ですが、僕のいるIT関係は、マネージャー以下の人たちはスーツを来ている人が少ないです。ネクタイを締めている人もいません。夏なんかショートパンツの人もいます。

だからかどうかわかりませんが、ユニホームのようなシャツが先日作られました。胸のところに「オーストラリア政府」と書いてあるのですが、それでも、シャツの色は、普通の白、青以外に、真っ赤やオレンジもあるのでちょっとビックリしました。
まぁ、さすがオーストラリアだなぁと思って見ています。

それでも、外務省や大蔵省、法務省なんかはほとんど全員がスーツだそうです。
僕のいる、教育厚生労働省は公務員の中でも楽な方なのかな?

スポンサーサイト

 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。