FC2ブログ

毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





覚容の心で包含

11月20日のお話 「覚容の心で包含」

世の中にはいい人ばかりはいない。相当いい人もいるが相当悪い人もいるわけです。ですから、きれいな人、心の清らかな人、そういう人ばかりを世の中に望んでも実際にはなかなかその通りにはなりません。十人いたらその中に必ず美ならざる者も正ならざる者も入ってくる。そういう状態で活動を進めているのが、この広い世の中の姿ではないでしょうか。そこに寛容ということが必要になってきます。

力弱き者、力強き者があるならば、両者が互いに包含し合って、そこに総合した共同の力を生み出してゆく。そういうところにわれわれ人間のいき方があるのではないかと私は思うのです。

        ========================

昨日の朝、娘が買ってあげた新しい自転車に初めて乗って、チャイルドケアへ行きました。

途中、歩道の上に庭の木を刈ったものが散乱していたのですが、あまり気にせず娘をそのまま走らせていましが、タイヤに細い枝がひっかかってしまいました。 「なんだよ~」と思いながらとろうとしたら、なんとイバラじゃないですか! しかもトゲが両方のタイヤに刺さってるじゃないですか!大きいのが! トゲを抜くと案の定、シュ~~~~~~ っと空気が抜けてしまいました。

「まったく、庭の木、切ったんだったらぁ、ちらかっったままじゃなくて、ちゃんと掃除しろよっ!」と言おうかと思いましたが、まぁ寛容性も大事だなと思って止めました。

でもこれは、こっち側のただの不注意かな?

スポンサーサイト



 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード