FC2ブログ

毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

01<< 12345678910111213141516171819202122232425262728 >>03

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誠意あればこそ

2月27日のお話 「誠意あればこそ」

先般、部品の一つに不良のある商品をお得意さんにお送りしてしまったときに、その方が厳重に注意しなければ、ということで会社に出向いてこられたことがあった。しかし、実際に会社へ来てみると、社員の人びとが一心に仕事に打ち込んでいる姿を見て、憤慨もせず、かえって信用を深めて帰られた、という話を聞いた。

このことから私は、誠実かつ熱心に日々の仕事に力強く取り組むということが、いかに大きな力を持っているかということを、つくづく感じさせられた。そういう態度というものは、見る人の心に何物かを与えるばかりでなく、仕事そのものの成果をより高める原動力にもなると思うのである。

        ========================

誠意だけじゃ物は売れないとは思いますが、一生懸命に取り組んでいると認めてくれる人はいると思います。

前に、観光客を乗せて、バスを運転しているときに、なんと故障でとまってしまいました。
不幸中の幸いで、休憩所から出てすぐの所だったので、他のツアーのバスドライバーに空席がないか聞きにいけました。 次の休憩所までは50キロぐらいはあったので、もしその途中で故障していたら、携帯電話も通じないしとんでもないことになっているところでした。

バスドライバーに空席がないか聞きに行ったときには、もちろん走っていったのですが、走ると結構距離がありフーフーいいながら、いろいろなバスに聞いているとやっと一台の大型バスに空きが見つかりました。

とりあえず、次の食事場所まで乗せていってもらい、お客様が夕食をとっている間に、フィリイプ島という島のなかでなんとか地元で空いているミニバスを2台用意して観光地まで行き、見学している間に新しいバスが到着したので、それを運転して帰って来ました。

お客様は、僕の食事もとらずに走っている姿などを見ていたので、夜の帰り道で、

「いやー、ガイドさんのおかげで助かったよー」

「本当にそうよねぇ、もしバスの故障が観光後のこんな夜だったら、真っ暗だし、お店も開いてないし、たいへんだったわねー」

「いやー、ペンギンも無事見れたし、食事も上手かったし、いやーガイドさんのおかげです、ありがとう」

なんて言われました。

本当は怒られてもよかったのに、反対にお礼をたくさんいわれて、「あ~よかった」と思ったものでした。

スポンサーサイト

 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。