FC2ブログ

毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





人間疎外は人間が生む

3月14日のお話 「人間疎外は人間が生む」

現代文明における、科学技術の発達によって人間が軽視され、忘れられているということが問題になっています。そういった人間疎外をなくすためには、常に人間の幸せということが前提にされなくてはなりません。「なぜこういう新しい機械を造るか」「それは人間の幸せのためである」ということがいつも考えられ、それに基づく配慮がなされるならば、どんな機械が生み出され使われても人間疎外は起こらないと思います。

現実に人間疎外のような観を呈しているのは、機械が人間を疎外しているのではなく、人間自身が人間を大事にせず、人間疎外を生んでいるものではないでしょうか。

        ========================

コンピューターのマウスを、頭の脳波かなんかを使って動かす技術が開発された事を、、昨年だったかその前年だったかに読んだことがあります。

そのうち、頭で考えていることが、そのまま画面にでるようになるかもしれないですね。 もしかしたら、相手の考えていることが、自分の携帯電話で探知できるようにもなるかもしれないなぁ。

そうしたら、もう、うそつけなくりますねぇ。 というか、会話しなくても携帯の画面見てれば意思が通じ合うようになりますねぇ。 そしてそのうち、テレパシーのような装置ができれば会話がなくなってしまうかも。

もしかしたら、全世界の共通語ができるかもしれません。 いや、宇宙人とも話せるようになる宇宙語ができるかもなぁ。

ん~、その時まで生き延びていたいなぁ。

スポンサーサイト



 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード