FC2ブログ

毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





引き下がる決断

3月30日のお話 「引き下がる決断」

やるべきときにやる、引くべきときに引く、いわゆるこの出処進退ということが、人間として、とくに経営者として一番大事なことではないでしょうか。

たとえば、ある一つの仕事がもう一つうまくいかず、やめた方がいいとなった場合、そこにはやはり何らかの犠性が伴います。世間からもいろいろな批判を受けるでしょう。また信用も失墜するかもわかりません。しかしそれを惜しんでいてはいけない。惜しんでいるとなかなかやめられない。やはりそういうものにとらわれず、やめるべきものはやめるんだという引き下がる決断をすることが経営者として大切だと思うのです。

        ========================

僕は、初めて海外に出た時に、半年ほどカジノにはまった時期があるのですが、
負けてるときは、「ん~、元取るまで頑張ろう」と思って、結局もっと負けてしまうし、
勝っているときは、「よ~し!もうちょっと儲けてからやめようかな」と思って、結局負けてしまうし、
でどうしても負けの方が多かったかなぁ。

ある人に聞くと、プロのギャンブラーは、通算で勝ちが51%で負けが49%なのだそうです。
負けた時はさっさと辞めるし、勝ったときもさっさと勝ち逃げするそうです。
まぁ、1%の金額は大きいんでしょうけど。

いずれにしても、引き際が肝心ということですね。

スポンサーサイト



 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード