FC2ブログ

毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

01<< 12345678910111213141516171819202122232425262728 >>03

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





死と隣り合わせ

夕べテレビを見ていたら、元ミュージシャンのタレントの息子が脳腫瘍と癌を持っているというドキュメンタリーをやっていました。

4歳の時に脳腫瘍が発見され、死ぬか脳にダメージを受けたまま生きるだろう、と判断されたのですが、手術や治療をした結果、がんばって高校まで卒業し、今年から大学に行くそうです。でも、脳腫瘍と癌は再発し今でも戦い続けているそうです。

最後にその息子が、「いつも死と隣り合わせに生きているけど、生きるようとする事に急がしすぎて、死の事は考えている暇はないよ。今まで考えた事もなかったね。たぶんこれからもそうだと思うよ」と言っていました。

まだ18歳でそういう考え方ができる人は何人いるかなぁ。たぶん、物心ついたときからそうだったので、自然にそういう考えかたになったんだろうなぁ。

僕の娘も、生まれた時が500gという未熟児だったし、物心ついた時には足の筋肉が硬かったという状態だから、そのまま受け入れて、というか自分の体の一部、生活の一部だったので、挫折感なく生きてこられたのだろうなぁと思います。

まぁでも、まだまだ小さい子なので、昨日も足に石膏をはめに行ったときは、
「なんで他の子は石膏やギプスはめないのかなぁ? なんで私ははめないといけないのかなぁ」なんて聞いてきました。
どう答えていいかわからないので、「なんでだろうねぇ。ダディーは目が悪いからめがねかけてるけど、それといっしょかな? メグは足が強くないからギプスがいるんじゃない? お友達のケイリーも目が悪いから、めがねかけてるじゃん。まぁ毎日ストレッチしていれば、そのうちよくなるよ」なんて返事したら、とりあえず納得いったような感じでした。たぶん(笑)。

これが、健康状態良好の人が、突然まったく正反対の場面に陥った場合は、ダメになるのかなぁと思います。それでもがんばっている人たちは本当にすごい!

スポンサーサイト



 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード