FC2ブログ

毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月22日 知識はあっても……

「知識はあっても……」

先般、あるお店で、金庫の扉がガス溶接機で焼ききられて、中から金を盗まれた、という事件がありました。ガス溶接の知識を利用して扉を溶かしたわけです。そういう泥棒がいるのです。
知識はいくら持っていても、人間の心、すなわち良心が養われなければ、そういう悪い方面に心が働き、知識はかえって仇をなす、というような感じがします。

今日、新しい知識がなければ生活にこと欠くというくらい知識は大事なものです。それだけに、知識にふさわしい人間、人心というものを育てることが非常に必要なことではないかと思うのです。

 ======================================

娘の小学校は5年生から、簡単な性教育が始まっていました。 オーストラリアの全部の学校がそうとは思いませんが、最近はほとんどそうじゃないかなぁと思います。 性行為の低年齢化が進んできたのがその理由だそうです。

まぁ、もちろん、そのころから男女の体の差が出てくるので教えること自体はいいと思いますが、それでもちょっと性教育は早いんじゃないかなぁとも思います。 それか、教えるんだったら、もっと詳しく教えないと、さわりの部分だけ教えると、さらに興味がわいて変な知識がつくんじゃないかなぁと思います。 まだいらないような知識がついたので、子供たちの中では、今まで知らなかったマスターベーションをちょっと試してみた、なんて子もいたようです。

うちの娘は何でも聞いてくるので、中途半端な知識のままいろんな事を聞いてきて、ちょっと返答に困ったときもありました。。。笑 でも、親にそういう事をオープンに質問してくるきっかけとなったのはよかったと思うけど。

スポンサーサイト

 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。