FC2ブログ

毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月24日 我 執

「我 執」

一人ひとりの人が、それぞれに自分の考え、自分の主張を持つということは、民主主義のもとではきわめて大事なことである。が、同時に相手の言い分もよく聞いて、是を是とし、非を非としながら、話し合いのうちに他と調和して事を進めていくということも、民主主義を成り立たせる不可欠の要件であると思う。もしもこの調和の精神が失われ、それぞれの人が自分の主張のみにとらわれたら、そこには個人的我執だけが残って争いが起こり、平和を乱すことになる。

今日のわが国の現状、世界の情勢をみるとき、今少し、話し合いと調和の精神が欲しいと思うのだが、いかがなものであろう。

 ======================================

オーストラリアでも、もちろんチームワークを大切にしますが、相手の言い分を理解しなくて個人の主張をおもいっきりする人がいます。 外国では、子供を叱りつける時には、「部屋で反省しなさい!」 と部屋に閉じ込めるそうです。 日本では、「出ていきなさい!」 と外に出すそうです。

僕の小さい頃は門限を守らなかった子供が家に入れてもらえず、外で泣いていたりしましたが、外国では、門限を守らなかったら、外に出してもらえず、部屋に閉じ込め自由を奪ってしまうそうです。

この辺も日本と違うなぁと思います。 日本は周りとの調和や仲間意識を重視するからかな、と思います。

スポンサーサイト

 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。