FC2ブログ

毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





10月30日 使命感半分、給料半分

「使命感半分、給料半分」

人間には、“欲と二人連れ”という言葉もあるように、自分の利によって動くという面と、使命に殉ずるというか、世のため人のために尽すところに喜びを感ずるといった面がある。だから人を使うにしても、給料だけを高くすればいいというのでなく、やはり使命感というものも持たせるようにしなくてはほんとうには人は動かない。もちろん使命感だけで、給料は低いというのでも、これはよほど立派な人でない限り不満を持つだろう。普通の人間であれば、使命感半分、給料半分というところだと思う。

そのようなあるがままの人間性に則した処遇をしていくところに、適切な人の使い方があると言えよう。

 ======================================

僕のいるセクションの上司は、仕事に対して一切口出ししません。 ミーティングもなしです。 よっぽど問題がない限り、ノータッチです。 だけど、部下達は毎日うまくやっています。 

以前は、えらい自由で楽なチームだなぁと思っていたのですが、最近は、なかなかすごいチームだなぁと思うようになりました。 これは、一人一人が使命感を感じてきちっと仕事をやって行かないと、こう上手くはまわって行かないんじゃないかなぁ、と思うようになりました。 それには、上司が一切口を挟まない、と言う態度が関係しているんだろうなぁ。

スポンサーサイト



 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード