毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

12<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>02

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





死ぬ前の後悔

オーストラリアの看護婦さんが、患者さんが死の間際に自分の人生を語ったのを聞いていると、後悔をすることが多いそうです。 それも同じようなものが多かったと言っていました。 
後悔トップ5は。。。

1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」
  人生の終わりまでに達成できなかった事が結構あるそうです。 あれもすればよかった、これもすればよかった、と後悔するそうです。

2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」
  男性はこの後悔が多いそうです。

3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」
  世間体のために感情を殺してしまう事が多かったようです。

4. 「友人関係を続けていれば良かった」
  人生最後の時に友人の本当のありがたさに気づき、連絡が途絶えた人を思い出すそうです。

5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」
  変化に無意識に恐れて、選択を避けてきた人が多いそうです。


じゃぁ何も期待しないで、なるようにしかならない、と思いながら生きていった方がいいかな。 でも、それじゃちょっとつまんないですね。

やっぱり、周りにとらわれないで自分の思いのままに生きていった方がいい、という事かな。

スポンサーサイト

幸福になる道も幸福

あせって悩む世の中で、落ち着きを保って楽しく生きよう。
あせって悩む世の中で、落ち着いた人間として生きよう。

                  ブッダの教え 一日一話 より

今まであった苦しみが消えると、「気分がいい」と感じます。 立っていて疲れたら、座った時に楽になる。 お腹がすいた人は、一口食べると楽になる。 だけど、一口目も幸福、二口目も幸福、十口目も幸福になると、お腹が破裂するまで食べ続ける事になります。 そして、満腹の苦しみが生まれるそうです。 普通の人はそこで食べるのをやめるそうです。

もし、生きることに楽しか感じなかったら、人生はすぐにゲームオーバーだそうです。

しかし、、、

幸せになる道があるとしたら、その道を歩むこと自体幸せでないといけないそうです。 もし苦しい道なら、「はたして幸せになれるのだろうか」と心配になってくるからだそうです。 (まぁ、あたりまえですが) 歩んでいるうちに、少しずつ幸せになったり、お金もちになったりすると、「ああこの道でいいんだ」とはっきりするそうです。

でもそれだと、苦しい道はダメなのかなぁとも思ってきますね。 苦しくても頑張れば、苦労や努力が実るともいうけど、違うのかな?

働きすぎ

今年のお正月は、伊勢丹が2日までお休みにしたそうですね。 しかも、来年からはお正月三が日を休業にするみたいですね。 これはいい事だ。 日本は働きすぎだからなぁ。

26年前にメルボルンへ移住してきた時は、ちょうど日本の百貨店が進出していて、日曜営業を始めていました。 市内のお店もそれに合わせて、週末も営業するところが増え、今ではシドニーでもメルボルンでもそれが当たり前になったようです。

確かに週末にお店が開いていると、人ではあるし、賑わいもでてきて、もっと人が集まるとは思いますが、週末や祝日労働だと賃金も上げなくてはならないのでお店は採算はとれてるのかな? それでも、クリスマスの日は、きれいにどこも全部お休みになります。

日本も、せめて正月三が日ぐらいは休業にした方がいいだろうなぁ。 普段から働きすぎだし、これだけ働いても報いはないような気がするし。 みんなでちゃんと一緒に休むのもいいと思う。

3日間やすみなら、みんなで除夜の鐘をつきに行って夜更かしもできます。 でも、最近は除夜の鐘がうるさいという苦情もでているみたいですね。 一年に一回ぐらいいいと思うけどなぁ。 日本の伝統だし。

平均寿命100歳以上

ロンドン・ビジネススクール教授のリンダ・グラットン氏によると、今、先進国で生まれている子供たちは、100歳以上生きるそうです。 今40歳の人たちは、平均寿命が95歳になるそうです。

まぁ、医学がこれだけ発展してくれば、長生きするでしょうね。 

それと、彼女の考えではありませんが、もともと人間は長生きしていた、と言う説もあります。 どの国でも、戦があったりして長生きする人が多くなかったので、人間は頭のなかに早死にする、と言う考えがついてしまったそうです。 「人間は長生きするんだ」とみんなが考えていると、人間は長生きするように変化していくそうです。

僕も現在50代ですが、100歳以上は生きると思っているます。 娘に言うと、「そうななぁ?」と疑っていますが、まぁ、そのうちわかるでしょう。 笑

グラットン氏が言うには、一つのキーワードは「人生のマルチステージ化」と言うのがあるそうで、現在のような 「学ぶ時期/会社勤めの時期/引退後」という3ステージでの人生が減り、多くのステージからなる人生を選ぶ人が増えるということだそうです。
旅をしたり、経験を積む、「エクスプローラー」ステージとか、同時にいくつもの活動をする、「ポートフォーリオ・ワーカー」ステージなどもできてくるそうです。

もう一つのキーワードは、「無形資産」。 家や貯蓄などの有形資産ではなく、スキルや知識、健康、友人、愛などの、自分を前向きな気持ちにさせてくれる、「変身資産」なども必要になってくるそうです。

今度甥っ子が遊びにくるから、読ませてみようかな。


ウォーターシップダウンのウサギたち

娘にすすめられて、「ウォーターシップ・ダウンのウサギたち」と言う
ファンタジーを読んでみました。 英語では時間がかかるので、日本語ですが。
結構大人が読んでも面白かったです。

主人公は、平凡なウサギですが、新しい土地を求めて、みんなで旅に出ている間に、仲間に助けられながら立派なウサギに成長していきます。 他のウサギも旅が終える頃には、いっぱしのウサギになっていました。 人間的な、仲間を信じる事、リーダーに従う事、自分たちを守る為に戦う事、子孫を増やす事、などが出てきます。 

著者は、自分の子供たちの為に、車での旅行中に考えたストーリーだそうです。 本人は、何かを伝えるために書いたわけでないと言っていますが、ウサギの事は詳しく書かれていたし、人間界でもよくある、ごたごたが入っていたり、大人が読んでも勉強になった本でした。



魔物にならないには

「怪物と長く戦いすぎると、みずからも怪物となってしまう。 奈落の底を見続けると、奈落の底もまた汝を見入ってくる。」
                                   ニーチェ

“He who fights too long against dragons becomes a dragon himself; and if you gaze too long into the abyss, the abyss will gaze into you.”
                                   Nietzche

もし悪いことをされた時に相手をゆるせば、痛みは残りますが、自分の「善」のポイントが上がって行くそうです。 悪いことをした人は「悪」のポイントが加算されます。 そして、死に至ったとき、「善」と「悪」のポイントが比べられるそうです。

あせる事はない

「そんなにあせることはないよ」 と彼は自分にくり返していった。 「らくだ使いのおじさんが言っていた通りだ。『食べる時には食べる。そして動く時が来たら動くのだ』」

                    パウロ・コエーリョ 「アルケミスト」 より




緑茶

オーストラリアのメルボルンにあるスインバーン大学が試験勉強のストレスを和らげるおすすめ5つの方法を話していました。

1. 20分ほど散歩に行く
2. お茶を飲む。 特に緑茶
3. 勉強のスケジュールを立てる。(ただ、がむしゃらに勉強しない)
4. ガムを噛む
5. スマホの通知、お知らせ機能をオフにする

どれも当たり前のような感じですが、最近はどこでも緑茶が人気がでてきたみたいです。 スインバーン大学でも、緑茶の研究をしていた事もあります。 メルボルンから2時間半ほどの町に、伊藤園の事務所もあり、地元の農家と提携してお茶園を作っています。 主に輸出用ですが、最近はオーストラリアのスーパーにも表れ始めました。

その他、抹茶アイスや抹茶ラテも人気があり、アジア系のカフェで結構目にします。 でも、地元向けに、どれも結構甘めです。
昨年はついに日本の京都辻利もオープンしました。 まだ行っていないので、日本と同じ味かどうかはわかりませんが。

昔、グリーン・ティーがまだ流行っていなかった頃、リプトンがアイス・グリーン・ティーを出したので、「おー!」と思って早速飲んでみましたが、甘すぎてダメでした。

やっぱり、日本の抹茶・緑茶がいいかな。

ねこに学ぶ

娘がクリスマスにもらった、小さな本になったカードを見ていたら、なるほどと思いました。

本のタイトルは、「ねこに学ぶ楽しい毎日のすごし方」というもので、7つのすごし方が書いてあります。

その1 どんな時もごはんはおいしく食べる。

その2 なにかあったらとりあえず寝て忘れる。

その3 遊ぶ時は本気で遊ぶ。

その4 好奇心を忘れない。

その5 つねに身だしなみはきちんと整える。

その6 かたまったら時々のびてみる。

その7 小さなことは気にしない。(世の中のほとんどは小さなことです。)


僕は、いやな事は寝るとすぐ忘れるようにしているので、これはオッケーだな。 小さな事も気にしないし。 

仏教では、「いただきます」は「命をいただきます」と言う意味だそうで、食べる前にきちっと手を合わせ、食べ物に感謝をして食べる方がいいそうです。

来年はだれかにあげようとおもって、アマゾンで探しましたが、売ってないみたいです。 誕生日カードはあったけど。




朝鍛夕錬

土曜日は今年の居合道・杖道の初稽古日でした。

数週間ぶりだったので、とても下手くそでした。 
身体を動かすことは、やっぱりちょとでもさぼるとダメだ! 
頭ではわかっているけど、体が思うように動かない! 

ジャイアント馬場さんが、黒柳徹子さんにスクワットを一日数回でもいいから毎日続けるように言ったそうです。 階段もずっと上り下りできるようになるには、やはり、毎日続けないといけないそうです。

来月は昇段試験なので、宮本武蔵の「朝鍛夕錬」を肝に銘じてしっかり稽古しとかないといけないなぁ。

最中

ほぼ日手帳のHPで手帳みくじを引いたら、「最」がでて、もなかだそうです。

内容は、

「最」が出たあなたの2017年は、
なにかを極めるのにぴったりの一年のよう。

これまでずっとやりたかったことを、
はじめるのには、今がタイミングかもしれません。

また、ぱりぱりの皮としっとりした餡が
それぞれに引き立てあう最中のように、
オンもオフも影響しあってたのしい年になりそう。

ほぼ日手帳の使い方としては、
仕事も勉強もプライベートも、分けることなく、
まとめて書くといいかもです

と言う事でした。
随分とやっていない事は沢山あるけど、歳がとってきたら書道をやりたくなったので始めて見たいと思います。

謹賀新年

ちょっとおそいですが、

明けまして おめでとうございます。
本年もよろしくお願い申しあげます。

 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード