毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慣れ

甥っ子が週末に日本へ帰りました。 3週間だけでしたが、ちょこっとだけ一人旅も経験できたし、特に何をって事はないかもしれませんが、いろいろ経験して学んだものがあればいいなと思います。

彼は日本から来たばかりだから当然いろんな物が初めてで、話を聞いていると、「あ、そうだったな、自分も最初はそう思ったな」という事がたくさんありました。

例えば。。。

公衆トイレで。。。「便器の位置、高けぇ!」
そう、これは観光客が来ると必ず言います。 男子トイレの便器の高さが高いので、背の低い人はちょっとこまります。

レストランやカフェで。。。「水って普通に出てこないの?」
最近は水を出してくれるところも増えてきましたが、言わないと出してくれないところも、まだ沢山あります。

アイスクリーム屋さんで。。。「サイズでかいし。。。」
僕が来た頃は、子供でも大人のでかいサイズを食べていましたが、最近はやっと子供用の小さいサイズが出てきました。
ミルク・シェークもでかくて、大人でもおなか一杯になるのに、「子供も同じサイズ?」と思った事もありました。 これもやっと、お子様サイズを見かけるようになりました。

駅で。。。「時々停まるけど、時々停まらない、って何それ?」
一人旅の時に、この電車で目的地に行くか聞いたら、「まず間違いないけど、たまーに行かない時がある」と言われて、「そんないい加減な!」と困ったそうです。

その他いろいろあったけど、人生の半分をこっちで暮らしていると、なんでもそれが当たり前になってきて甥っ子の新鮮な驚きを聞いていて面白かったです。 
僕のこれからの人生はオーストラリアが長くなるので、もっともっとこっちに染まっていくんだろうなぁ。

日本に帰ると何時も思うのは、サービスが良い事と、日本人が多い! と思う事です。

スポンサーサイト

杖道

久々に、(もう何十年振りかも)マンガを読みました。 「MASTER グレープ」 という武道を題材にした話しです。 ヒーローはなんと、「杖道」を学んでいます。

剣道はよくあると思うけど、「杖道の漫画は初めてかも!」 と思って読んでみると、結構面白くて、第2巻がでないかなぁと待っています。 なんか少年の頃に戻ったようです。 杖道の他に、剣術や、槍術、薙刀などの長物も出てくるようです。

夢想権之助の神道夢想流杖術は宮本武蔵と戦ったと言われ、 「突けば槍 払えば薙刀 持たば太刀 杖はかくにも 外れざりけり」と言われ、警視庁では警杖術として教えられています。 これを機会に杖道をする人が増えればいいなぁ、と思います。

日本の漫画はやっぱり面白いですね。 ちゃんとストーリーもあるし、情報もしっかりしてるし。 僕の居合道、杖道の上達にも役立つかな。

観光

先日、妹夫婦がオーストラリアへ遊びに来ました。 たった4日間だったので、いろいろ引きずり回したのですが、結構楽しんでくれたみたいでよかったです。 自分も久々に観光客気分になれました。 

国会議事堂にも見学に行きましたが、他の外国では国会議事堂に入れるところはあるのかな?という話になりました。 たぶん、なさそうですね。 オーストラリアはあまりにも無防備ではなかろうか? とも思いましたが、誰かが狙うとしたら、キャンベラより、シドニーやメルボルンの方が可能性がありそうだし、この開放的なところがいいのかな。 それでも、昨年ごろから、銃をもった、連邦警察官がガードするようになりました。

日本とオーストラリアの違いなどを話す機会もあったのですが、福利厚生や、ある程度の年齢になっても転職をしたり、さらに勉強ができたり、シングルマザーなども働きやすい環境だし、と、やっぱりオーストラリアの方がいい事が多いかな。

 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。