毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





予算にとらわれない

9月12日のお話 「予算にとらわれない」 より

一国の運営をお金の面からみますと、いわゆる予算というものを組んで、それに基づいてさまざまな施策を行なっています。お互いの商売でも、同じように予算というものによって、これを進めていく場合が少なくないと思います。

しかし、商売というものは、実際予算どおりに動くものではない。したがって、予算がない、ということで必要なことの実施を延ばしたりするのではお客様はどんどん他へ流れていってしまうと思います。予算によって商売をしていくことはもちろん大切ですが、それはあくまで内輪の心づもりであって、外部に対して必要なことは借金してでもやる、そういう商売をしなくてはならないと思うのです。

        ========================

昨年の選挙で労働党が勝ち、オーストラリアの首相がケビン・ラッド氏に変わったのですが、こちらの会計年度は7月からなので、6月に予算が発表になりました。

予算が出るまでの1ヶ月は、関係者は毎日24時間働きっぱなしでした。(と、報道されていました)
そして、予算発表になったのですが、予想通り、カットした部分がおおかったのですが、各省の人員削減も結構ありました。

僕の働いている省でも、結構人員削減があったのですが、まぁ、ほとんどが派遣やパートタイムの人たちだったと思います。そう簡単に、公務員はクビにできないですからねぇ。でも、僕は公務員の数が多すぎるんじゃんないかなぁと思います。もっと削減してもよかったんじゃないかなぁと。

働いてみてわかりましたが、忙しい時に備えて、人員を確保しているので、暇な時はとことんひまです。
誰かが、辞めたり違うセクションに移ったりすると、すぐに新たな人を補給して、頭数だけそろえておくのですが、もし忙しくなければ新たに入って来た人は、仕事が全然ないんです。

なんか税金の無駄遣いしているような気がするのですが、まぁ新しい政権になって多少は変わっていくと思うので、ひそかに期待しています。

ところで、日本の首相がまたかわるので、「またー?」とオーストラリア人にいわれました。
もともと政治には詳しくなかったのでわかりませんが、なんですぐ変わるんでしょうね?
いろいろ辞めるのが一番簡単だからでしょうか?

スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://techo366.blog50.fc2.com/tb.php/146-6e31ac64

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード