毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





愚痴の言える部下を持つ

9月17日のお話 「愚痴の言える部下を持つ」 より

憤慨したときに憤慨できる相手があったら一番楽ですな。つまり早く言えば最高首脳者として、愚痴を言える部下が必要だということです。それが副社長でも専務でも、あるいは秘書でもいい、そういう人があれば幸せですな。

どんなにえらい人でも愚痴のはけ場がなかったら鬱積しますわ。そうするとあやまちをします。太閤秀吉でも、石田三成を可愛がったといいますけど、あれはやっぱり愚痴を石田三成にもっていったんだと思います。そうすると三成はそれを適当にうけて、うまい具合に機嫌をとったんですわ。そうすると太閤さんは頭がすっとして、またいい知恵を出したということでしょう。

        ========================

これは反対のことも言えますね。
部下が愚痴をいったら、上司はハイハイと答えたり、同意したり、同情したりとうまい具合にご機嫌をとっていれば、部下はすっきりして、気持ちを新たにして仕事に専念できる、とうまい具合に実際にはいかないかな?

まぁ、うまくいくかいかないかはわかりませんが、部下の愚痴を聞いてあげるのはいい事だと思います。

スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://techo366.blog50.fc2.com/tb.php/151-12ab1350

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード