FC2ブログ

毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





とどめを刺す

11月28日のお話 「とどめを刺す」

日々のお互いの仕事の中で、もうちょっと念を入れておいたら、とあとから後悔することが少なくないような気がする。

一生懸命に努力して、せっかく九九%までの成果を上げても残りのわずか一%の「止め」がしっかりと刺されていなかったら、それは結局はじめからやらなかったと同じことになる。いや中途半端にやっただけ、むしろマイナスになる場合が多いのではあるまいか。念には念を入れよ、である。仕事を完全にやり通すのに念の入れ過ぎということはないのである。とどめを刺さない仕事ぶりがあったら、お互いにその不徹底を大いに恥とするほどの厳しい心がけを持ちたいものである。

        ========================

某旅行会社で働いていた時は、現地手配の予約を3回チェックしていました。
本人が1度めのチェックし、他の人が2度目のチェックをし、そして最終的に3度目のチェックをする人がいます。
なにも3回もと思うのですが、やはり日本からの連絡が遅れたとか、連絡ミスとかで、最終チェックをしていると手配漏れが見つかることが年に、数回はありました。
大手旅行会社だったので、ペーパーワークが多く、人員もやたら多いので無駄だなぁと思っていましたが、仕事を完璧にするには人員も必要かなぁと思いました。

スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://techo366.blog50.fc2.com/tb.php/224-623b72a0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード