FC2ブログ

毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





5月19日 戦乱の中での商売よりも

5月19日のお話 「戦乱の中での商売よりも」 より

昔の商人たちは、洋の東西を問わず、戦乱のちまたの中にあって、いつ流れ玉に当たって死ぬかもわからないという状態の中でも、立派に商売を進めてきました。
しかし、今日では流れ玉に当たるというようなことはまずありません。ですからそのような時代に比べると、今日は困難であるとか経済危機であるとか言っていますが、まだずいぶん楽である。
        ---   中略   ---
そう考えて自分の商売をもう一回見直し、必要のあるところに創意工夫を加えていくことによって、難関を切り抜けていくこともできるかと思います。

        ========================

戦争中は戦地にいる人たちはもちろんそうですが、そうでない人達も明日は死ぬかもしれない、という事を経験しているからやっぱり現代の人とは考え方は違うでしょうねぇ。
名前は忘れましたが、ある日本人格闘技家が武者修行に出たのですが、その時は毎日命があるかどうかわからない生活をしていたそうです。 そうなってくると、年を取ってもその感覚が身についてしまうので、その人の奥さんがその人が寝ているところを起こさなくてはならない時、、離れたところから棒で体を突っつくそうです。 一度、直接起こそうとしたら、旦那さんの体が反応して奥さんを殺しそうになったそうです。

本当に死を覚悟して生きてきた人達からみれば、僕たちの問題なんかは、「まぁ、死ぬことはないんだから」 と言いたいでしょうね。

スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://techo366.blog50.fc2.com/tb.php/29-ba303500

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード