毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





4月23日 目標を与える

4月23日のお話 「目標を与える」 より

指導者にとって必要なことは、目標を与えることである。指導者自身は特別な知識とか、技能は持っていなくてもよい。それは専門家を使えばいいのである。
        ---   中略   ---
指導者はそういう目標を生むような哲学、見識というものを日ごろから養わなくてはならない。

        ========================

これは難しいですね。

自分の目標をつくるのも難しいのに、他人の為にはなかなか目標設定はできそうにありません。
個々の性格をしっかり把握しないと無理そうですね。
モチベーションが上がらないような目標では、意味ないし、「みんなでがんばろー!おーっ!」って言う時代は終わったような感じがするし。

僕は以前、スタッフに危機感を持たせて、目標達成を試みましたが、あまり効き目ありませんでした。
結局こちらから、押し付けているような感じがしたのでしょう。

目標をどこに設定するか、どういう風に組み立てるか、またその為に具体的に何をするか、んー、まとまるまで何日もかかりそうです。

反対にスタッフ一人ずつに、自己の目標を立ててもらうのもいいかもしれませんね。
そして、会社全体の目標を立てるのもいいかもしれません。

スポンサーサイト

COMMENT▼

ブログに訪問を頂きまして有難うございました。
目標を与えることっていうのは難しいことだと
最近、実感しています。
これからもちょくちょく寄せて頂きます。

岡山のくまさん、
コメントありがとうございました。
まだブログ始めて4日目です。とりあえず、3日坊主にはなりませんでしたが、なんとか366話休まずに続けたいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://techo366.blog50.fc2.com/tb.php/3-b6b1e98f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード