FC2ブログ

毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





一人の力が伸びずして……

2月13日のお話 「一人の力が伸びずして……」

自分は一年にどれだけ伸びているか、技術の上に、あるいは社会に対する物の考え方の上に、どれだけの成長があったか、その成長の度合をはかる機械があれば、これは簡単にわかります。しかし、一人ひとりの活動能力というか、知恵才覚というか、そういう総合の力が伸びているかどうかをはかる機械はありません。けれども、私は五%なり十%、あるいは十五%伸びた、と自分で言えるようでないといけないと思います。やはり一人ひとりが、自分の力でどれだけのことをしているかということを反省してみることが大切です。

一人ひとりの力が伸びずに社会全体の力が伸びるということはないと思うのです。

        ========================

ちょっと関係ないですが、今、オーストラリアでは、(日本もそうだと思いますが) 景気回復の政策として一般市民に補助金を出そうとしています。$300だったか$500だったか忘れましたが、出したところで、買い物をする人はいるか?貯金か家のローンに充てる人がほとんどでしょう。また、お金のある人に$500やそこら渡してもしょうがないんじゃないか、それなら個人に渡さずに、医療福祉にまわした方がいいのでは等、いろいろと言われています。

この話を皮肉ったジョークがありました。

インタビュアー 「今回の市民への補助金はどこからでますか?」

オーストラリア政府 「えー、税金からです」

インタビュアー 「じゃぁ、市民から税金を徴収しておいて、今度はその一部を返すと言うだけですか?」

オーストラリア政府 「まぁ、そうです」

インタビュアー 「そのお金で、買い物をしろと?」

オーストラリア政府 「貯金しないで、経済を助けるために消費してもらいたいですね」

インタビュアー 「じゃぁ、衣類や電化製品などを買って欲しいと?」

オーストラリア政府 「はい、そうです」

インタビュアー 「でも、ほとんどの製品はメイドインチャイナだから、
           中国の経済を助けることになりますね」

オーストラリア政府 「・・・・・・」

スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://techo366.blog50.fc2.com/tb.php/304-460146b6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード