FC2ブログ

毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庄屋と狩人ときつね

3月5日のお話 「庄屋と狩人ときつね」

昔のたとえ話に庄屋と狩人ときつねの話がある。狩人は庄屋の前ではかしこまっている。しかし庄屋はきつねにばかされる。きつねには弱い。そしてきつねは鉄砲で撃たれるかもしれないから狩人はこわい。結局この中で誰が偉いとも何ともわからない、という話である。

私は今日でもこの話は生きていると思う。勝負に勝つ人が偉いのでも、負ける人が偉くないのでも何でもない。教育する人が偉いのでもないし、教育を要する人ができが悪いのでもない。それぞれやっぱり一つの生きる姿である。そう考えれば、喜んで人に協力することができるし、また協力を受けて仕事ができるのではないかと思うのである。

        ========================

話とは関係ありませんが、先日ある調査結果を読みました。

その結果と言うのは、子どもは1日に平均で、400回スマイルし、150回笑い、4~6時間遊ぶそうです。

大人になるとがくんと数字が落ち、スマイル15回、笑い6回、そして遊びがたったの20分だそうです。

子どもと一緒にいるとわかるのですが、本当によく笑いますね。 その笑いにつられて、こちらも一緒に笑ってしまう時がよくあります。

やっぱり子どもは素直というか、ストレートに気持ちを表すからでしょうか。 大人になるとだんだん素直さがなくなり、そして年寄りになるとただの頑固者になるようです。

子どもと過ごす時間は大人の為にもいいかもしれないなぁ。

スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://techo366.blog50.fc2.com/tb.php/324-2b02dcfc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。