FC2ブログ

毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





日本の伝統精神

3月10日のお話 「日本の伝統精神」

私は日本の伝統精神はきわめてすぐれたものだと思います。ではその伝統精神とは何か。

その一つは「和を以って貴し」とする平和愛好の精神です。一三五〇年も前に、この「和」の精神が聖徳太子によって掲げられています。

第二は「衆知を以って事を決す」という、つまり民主主義です。古事記にも八百万の神々が相談して事を決したとあります。日本は真の民主主義の本家本元だと言えるでしょう。

第三は「主座を保つ」。古来日本人は常に主座を失わずに外来のものを消化吸収し、日本化してきました。この和、衆知、主座という三つの柱を守っていくことは、今後においても大切なのではないでしょうか。

       ========================

最近は、「主座」を保ってないんじゃないかなぁと思います。

外国の物を吸収するのはいいのですが、なんか変なところだけを勝手に、都合のいいように取り入れているような感じがします。 まぁ、オーストラリアも似たようなもんですね。 特にアメリカ文化は沢山入って来ているように思います。 

そう言えば、「日本の伝統精神」というタイトルで思い出しましたが、日本に住んだことがある知り合いから、なぜ日本では結婚式は神道で、葬式は仏教なのか、と聞かれた事があります。

まぁ、お寺の人は結婚式も仏式でやると思うし、神社に生まれた人は葬式も神社でやるとは思うけど、一般的には結婚式は神道や、キリスト教会でやったりして、葬式はやっぱりお寺でやる人が多いしなぁ、なんでかなぁ、伝統ではないけど昔から寺と神社と両方いくもんなぁ、なんて考え込んでしまいました。

なんででしょうねぇ?

確か、親鸞聖人は、「阿弥陀仏の本願を信じるのがよい。 お釈迦様の教えにも、ずべての神仏の元は、阿弥陀仏を信じることにある、と言っておられる。 だから仏教徒でも神宮へお参りしても問題ない。」 と言ってたと、どこかで読んだことがあります。

という事は、神も仏も基本的には一緒ということかな? それとも親鸞のかってな解釈かなぁ。

スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://techo366.blog50.fc2.com/tb.php/329-007f1542

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード