FC2ブログ

毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





年功序列と抜擢

3月18日のお話 「年功序列と抜擢」

それぞれ長短のある年功序列、抜擢をどのように行なっていくかということは、それぞれの企業の実態、情況により一概には言えないと思うが、私自身について言えば、だいたい年功序列七十%、抜擢三十%というような感じでやってきた。これが反対に年功序列三十%、抜擢七十%になると非常に面白いと思うのだが、それはやはりまだ先のことで、今日の日本においては、年功序列を主体としつつ、そこに適度に抜擢を加味していくことが無理のない姿だと思う。

しかし考えてみれば、抜擢の何十%かは賭けである。だが、ときにはあえてその冒険をおかす勇気を持つことが、企業発展の上で求められている時代であると思う。

        ========================

外国ではよく実力さえあれば上にいける、と考えられているようですし、実際に一般企業では年功序列よりも能力によって上に上がっていくようです。 実際には上にあがると言うか、自分からポジションに応募して勝ち取るという感じが多いかもしれません。

国家公務員はどうかと言うと、長い年数働いていると自然に上に上がって行くことはまだあるようです。 ただ、マネジメントクラスにはやはり実力がないと上がれないようです。 また、実力のある人は、チャンスがあれば短い期間でドンドン出世する人もいます。

どこでもそうだと思いますが、実力よりも誰を良く知っているか、コネがあるかどうか等も結構影響している事もあるようですが。。。

スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://techo366.blog50.fc2.com/tb.php/337-249565b2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード