FC2ブログ

毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魂を入れた教育

4月8日のお話 「魂を入れた教育」

“事業は人なり”と言われるように、人材の育成ということは非常に大切だと思います。最近ではどこの会社や商店でも、従業員教育の制度や組織をもうけたりして、教育に力を入れているようですが、やはり何よりも大切なのは、その教育にいわば魂を入れることだと思うのです。

つまり、経営者なり店主の人格の反映というものが、そこになくてはならないということです。それは言いかえれば、経営者なり店主が働きにおいて模範的であること、熱心であるということです。経営者、店主にそういうものがあればしぜん従業員にも反映して、従業員の模範的な働きが生まれ、人が育ってくると思うのです。

        ========================

話はかわりますが、先日ある本を読んでいると、日本語はひらがな、カタカナ、そして漢字と3種類も学ばなくてはならないので、日本人は頭がいいそうです。

音と文字と意味が微妙にずれがあるので、こうしたずれがあればあるほど、脳は複雑さに順応するために高次の発達を遂げるそうです。

子どもへの読み聞かせも大切で、もともと読む力というのは遺伝子にはなく、大人が読むための脳回路を育てる必要があるそうです。

怖い話しになりますが、最近は人間の脳も売買される時代でちゃんと値段がついているそうです。

ブラックマーケットでは、人気度3位の日本人の脳が、1千万ドルだそうです。 

2位のアメリカ人の脳が2千万ドル。



そして、なんと1位はオーストラリア人で5千万ドルだそうです。


1位の理由は、脳自体があまり使われてないからだそうです。



なんていう冗談を聞きました(笑)。

スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://techo366.blog50.fc2.com/tb.php/358-fb7e2ad9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。