毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





7月31日 自分自身への説得

「自分自身への説得」

説得というものは、他人に対するものばかりとは限らない。自分自身に対して、説得することが必要な場合もある。自分の心を励まし、勇気をふるい起こさねばならない場合もあろうし、また自分の心を押さえて、辛抱しなければならない場合もあろう。そうした際には、自分自身への説得が必要になってくるわけである。

私がこれまで自分自身への説得をいろいろしてきた中で、いまでも大切ではないかと思うことの一つは、自分は運が強いと自分に言い聞かせることである。ほんとうは強いか弱いかわからない。しかし、自分自身を説得して、強いと信じさせるのである。そういうことが、私は非常に大事ではないかと思う。

 ======================================

社会科学者のエイミーカディがプリンストン大学にいた頃、、「自分はここにいるべき人間じゃない」と感じていて、指導教官のスーザン・フィクスに「辞める」と電話をしたそうです。 

そのときにスーザンは、{あなたは辞めない。私はあなたに賭けたんだから、いてもらう。あなたはここにいてやるべきことをやるの。できるふりをしなさい。やるように言われた講演をすべてこなし、ひたすらやり続けて、怖かろうが、脚がすくもうが、体外離脱を体験しようが、『ああやれている! 本物になったんだ! ちゃんとやっている』、そう思えるようになるまで続けるのよ」。 といわれたそうです。

そして「ふり」を続けているうちに、いつしか知らないうちにストレスも感じなくなったそうです。 「ふり」を続けていくには意思が強くないと難しいかもしれませんが、いい方法だと思います。

スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://techo366.blog50.fc2.com/tb.php/730-8b71b2c2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード