FC2ブログ

毎日一話

宇宙は僕の為にまわっている - そしてあなたはそれを手伝っている - 宇宙はあなたの為にもまわっている - そして僕はそれを手伝っている     Go with the flow.......

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

プロフィール

川田 倫久

Author:川田 倫久
オーストラリアに永住し、ずっと観光業をしていたが、中年のオッサンになってから、IT関係に転職。





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月12日 予算にとらわれない

「予算にとらわれない」

一国の運営をお金の面からみますと、いわゆる予算というものを組んで、それに基づいてさまざまな施策を行なっています。お互いの商売でも、同じように予算というものによって、これを進めていく場合が少なくないと思います。

しかし、商売というものは、実際予算どおりに動くものではない。したがって、予算がない、ということで必要なことの実施を延ばしたりするのではお客様はどんどん他へ流れていってしまうと思います。予算によって商売をしていくことはもちろん大切ですが、それはあくまで内輪の心づもりであって、外部に対して必要なことは借金してでもやる、そういう商売をしなくてはならないと思うのです。

 ======================================

オーストラリアでも、職場によるとは思いますが、会計年度に向こう一年間の予算をたてます。 年度末は、余った予算を使ってしまうように、いろいろ考えます。

せっかく節約して、予算内で行ったのに、使ってしまうのはもったいないですよねぇ。 なんで翌年にまわせないのでしょうか?
いっその事、人件費やその他経費などは予算を組んでもいいと思いますが、そのほかの物は予算なしで行ってはどうでしょうか?
予算が必要な時は、その都度申請するのはだめなんでしょうかねぇ。

スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://techo366.blog50.fc2.com/tb.php/773-bd5fc5c3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。